居住者のための安心と快適をサポート

募集住宅の種類

  • HOME »
  • 募集住宅の種類

〇募集住宅は下記の通り区分され、申込みは一世帯につき1住宅のみです。
〇他の住宅区分と重複申込みはできません。

〇年齢及び期間等の基準日は、募集案内に書いてある基準日をお確かめ下さい。

①多家族向け住宅

入居時に、4人以上の世帯が対象の住宅です。

②優先階住宅

1階の住宅で、通路から住宅までの階段が比較的少ない住宅です。次のいずれかに該当し、階段の昇降に著しく支障を来している方がいる世帯が対象です。

 身体障害者手帳で肢体不自由(下肢・体幹)1~4級・内部障がい(心臓・じん臓・呼吸器機能)1級・視覚障がい1・2級の方

 80歳以上の方

 疾病等で階段の昇降に著しく支障を来し、その治療に長期間を要する方

③車いす対応住宅

住宅に車いす用スロープがある住宅です。重度の障がい者又は疾病等により、車いすを常時使用される方がいる世帯が対象です。

車いす対応住宅の入居条件に該当しなくなった場合は、住宅を明け渡して頂きます。その際は一般市営住宅の入居基準に合う世帯は他の市営住宅に移り住むことができます。

④新婚・子育て世帯向け住宅

新婚・子育て世代を支援するための住宅です。次のいずれかに該当する世帯が対象となります。

 新婚世帯

申込者及び配偶者(事実婚の場合で、住民基本台帳へ「未届」で登録している場合を含む)又は婚約者(入居するまでに婚姻をする場合に限る)の年齢の合計が80歳以下であり、 婚姻の届出の日(事実婚の場合は同居を開始した日)から1年以内の世帯が対象です。

 子育て世帯

申込者、配偶者及び未就学児を含む子どもからなる3人以上の世帯。

⑤特別募集住宅

過去に住宅内での死亡が発生したため、募集を停止していた住宅です。敷金や家賃等は一般の住宅と同じ条件です。

入居の際は、室内死亡が過去に発生したことの了解と、そのことを理由に住居の住み替えや異議を申立てないことの「誓約書」を提出していただきます。

⑥一般住宅

上記の①~⑤以外の住宅です。

 

○優先階・車いす対応住宅には、一般住宅に加え、当該条件に対応する「身体状況申立書」が必要になります。
入居条件に該当するか「身体状況申し立て書」により仮審査をします。なお、抽選会で当選された方は身体状況についての本審査を行い、入居を決定します。
*一般住宅等に入居の方で、階段の昇降が困難になれば、一般住宅から優先階住宅への交換制度があります。                                ○申込みに際し、虚偽の記載をしたり、入居後に申込み時と状況が違った場合は、住宅を明け渡して頂く場合があります。
PAGETOP
Copyright © 大牟田市営住宅管理センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.